PO3VPN利用規約

本規約は個人向けVPN(Virtual Private Network)サービス「PO3VPN」(以下「本サービス」)の利用規約です。 利用登録に際しては、以下の内容をご理解・ご了承いただいたことが前提となります。以下の内容をよくご確認の上、利用登録をお願いします。

第1条(総則)

  • 本サービスは日本国に登記された、合同会社PASS IT(以下「当社」)が運営提供します。
  • 本サービスは個人向けサービスです。法人名義での契約およびご利用はできません。法人契約ご希望の場合は別途お問い合わせください。
  • 本規約は、利用登録ユーザー(以下「ユーザー」)と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  • ユーザーと当社との間の通知または連絡は、すべて当社の定める方法によって行うものとします。
  • 本サービスのサポートは日本語で行います。よって本サービスは本利用規約を十分に理解できる方、かつ日本語でのサポート可能な方を対象とします。
  • 本サービスの契約における契約期間計算上の単位(以下「契約単位」)は原則として暦日1ヶ月です。
  • 接続に必要なインターネット回線の提供は行っておりません。利用者の責任においてご用意ください。
  • 接続の品質はユーザーのインターネット環境によって大きく変動します。よって本サービスは安定したインターネットの接続を保障するものではありません。

第2条(サービス提供地域)

  • 本サービスの提供地域は、個人でのインターネット接続が許可されている国および地域です。

第3条(利用登録(契約))

  • 本サービス利用申請者(以下「申請者」)は、当社の定める方法によって申請し、当社がこれを承認することによって利用登録(契約)が完了するものとします。
  • 当社は申請者に以下の事由があると判断した場合、申請を承認しないことがあります。また、その理由について当社は一切の開示義務を負いません。
    1.利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出たと判断した場合
    2.過去に本規約に違反したことがある者からの申請であると認めた場合
    3.その他、当社が本サービスの利用に適さないと判断した場合

第4条(利用期間、料金、支払い方法)

  • 本サービスの利用期間は、ユーザーの利用申請に基づき本サービスの利用に必須となる本サービス接続情報(以下「アカウント情報」)を当社がユーザーに提供した日から、ユーザーと当社の間で結ばれた契約月数、または契約年数とします。
  • 特に当社が「日払い」「週払い」の利用コースを設定した場合には上項に関わらず利用期間はユーザーと当社の間で結ばれた日数とします。
  • 本サービスの利用コースおよびその利用料金は本ウェブサイトに明記します。
  • ユーザーは、本サービス利用の対価として、本ウェブサイトに表示する利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。
  • 当社が本サービスの定価を改訂した場合、その料金はユーザーの既契約(料金支払い済み契約)には遡及しないものとします。
  • 当社が本サービスの定価を一時的に改訂した場合(例:キャンペーン価格)も、その料金はユーザーの既契約(料金支払い済み契約)に適用しないものとします。

第5条(契約満了、解約、契約解除)

第1項(契約満了)

  • 本サービスは、当社がユーザーから支払いを受けた利用料金相当の契約期日到達日をもって契約満了とします。
  • ただしユーザーから解約申請がなされた場合は、上項に関わらず本規約第5条2項に従うものとします。
  • 特に当社が「日払い」「週払い」の利用コースを設定した場合には上項に関わらず契約満了日はユーザーと当社の間で結ばれた日とします。

第2項(解約)

  • ユーザーが本サービスを解約する場合は、当社が指定するウェブサイトから当社の定める方法により届け出るものとします。メールなど、他の手段による解約は原則として受け付けません。
  • ユーザーが本サービスを解約を届け出た場合は、解約申請を届け出た時点を契約単位の満了日とします。
  • 支払済みの利用料金について原則として返金いたしません。(契約者が自己の都合により解約する場合、残余期間があっても払い戻しは致しません。)
  • 上記の例外として当社がユーザーに返金するのは、ユーザーが明らかに過誤により支払ったと当社が認定した場合に限ります。また、この認定基準について当社は一切の開示義務を負いません。

第3項(契約解除)

当社は、契約者が次のいずれかに該当するときは、事前の通知なく契約を解除する事があります。なお、その場合は残余期間の払い戻しは行いません。

  • サービス利用料金の支払いがなされないとき。
  • 本サービスへの申し込み内容と事実が反していたとき。
  • 契約者が本サービスの利用ににおいて、(禁止事項) の規定に違反したと当社が認めたとき。
  • 犯罪行為またはそれに準ずる行為が本サービスを通じて成されたと当社が判断したとき。
  • 上項のいずれかに該当して当社より警告を受けたユーザーが、なおその警告事実を解消しないとき。

第6条(サービス内容の変更)

  • 当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更ができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第7条(利用規約の変更)

  • 当社が必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなく本規約を変更することができるものとします。

第8条(サービスの中止)

  • やむを得ず弊社が本サービスの提供を中止する場合には、ユーザーからの収受済みかつ未利用期間の費用の返還を持って、弊社のサービス提供責任は完了するものとします。

第9条(サービス利用権の譲渡)

  • ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第10条(ユーザーの支払い義務)

  • 契約者は規定の利用期間を先払いにて支払うものとします。
  • ユーザーに帰する事由で、本サービスの利用停止期間があったときでも、契約者はその理由にかかわらず契約期間中の利用料金を支払うものとします。

第11条(ユーザーの管理責任)

  • 契約者は、当社より付与された各種のID及びパスワードを自己の責任で管理するものとし、自己の責任によりその利用に係る一切の債務を支払うものとします。
  • 契約者は、本サービスを利用する為のインターネット接続は、自己の責任により維持管理するものとします。

第12条(禁止事項)

  • 第三者もしくは当社の著作権、財産、プライバシー、その他権利を侵害する行為、またはこれらを侵害するおそれのある行為。
  • 第三者もしくは当社に不利益を与える行為、当社を誹謗中傷する行為、またはその恐れのある行為。
  • 第三者になりすまして本サービスを利用する行為。
  • 本サービスによりアクセス可能な第三者または当社の情報を改ざん、消去する行為。
  • 本サービスを再販売、賃貸するなど、本サービスそのものを営利の目的とする行為。
  • 本サービスの運営に支障をきたす行為、またまおそれのある行為。
  • スパムメール等の迷惑メールを送信する行為。
  • 不正アクセス行為(ポートスキャン、大量のパケット送信等)。
  • その他不特定多数に一方的に送信される 案内、広告メールを直接的間接的に発信する行為。
  • コンピューターウイルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
  • 他人のクレジットカードまたは支払口座を不正に使用する行為。
  • 当社が付与した各種ID及びパスワードを不正に使用する行為。
  • 著作権、商標権などの知的財産権、プライバシー権、パブリシティ権、肖像権等を侵害するなどの行為
  • 契約者が居住もしくは滞在する国家、地域において犯罪に該当する行為、または該当するおそれのある行為。
  • 社会通念上、他者に著しく嫌悪感を抱かせる行為、またはこれらを抱かせるおそれのある行為。
  • 無料体験中に入退会を繰り返す行為。
  • その他、ユーザーの直接的間接的行為を、当社が当社サービスにおける禁止行為と判断した場合。

第13条(免責事項)

  • 当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
  • 当社の管理コントロールしえない事由(例:自然災害、戦争、テロ、国内外の公権力から当社への指示、等)で利用料金収受済みのユーザーへのサービスを中断したとき、その中断期間が1ヶ月未満である場合には返金はしません。
  • 当社の管理コントロールしえない事由(例:自然災害、戦争、テロ、国内外の公権力から当社への指示、等)で利用料金収受済みのユーザーへのサービスを中断したとき、その中断期間が1ヶ月以上になった場合には、サービス中断期間をノーカウントとして、契約残余日数分を延長してサービスを提供することとし返金はしません。
  • 上記2事由のうち、国内外の公権力から当社への指示の理由がユーザーの行為に依るものであるときは、中断の責任はユーザーにあるものとし、サービス期間の延長や返金の措置は講じません。
  • 当社が何らかの理由によって責任を負う場合にも、その責任範囲は通常生じうる損害の範囲内とし、損害の生じた期間かつすでに代金を収受した代金額の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
  • 当社は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは当局を含む第三者との間において生じた取引、連絡、訴追、または紛争等について一切責任を負いません。
  • 本サービスを通じて行われる、情報流出もしくは消失等の第三者の損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
  • 当社は、ユーザーが利用するいかなる機器、及びソフトウェアについて、一切の動作保証の責任は負わないものとします。

第14条(準拠法・裁判管轄)

  • 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
  • 本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。