border

Q&A(よくあるお問い合わせ)

PO3VPN FAQ page image

PO3VPNのヘルプデスクにいただいたお問い合わせの中から、他のお客様にも参考になるご質問をQ&A形式で掲載いたします。普段弊社にいただくお問い合わせの多くはこの中に含まれております。
ご一読いただければ解決することが多いと思われます。ぜひご一読ください。

-索引-

A.繋がらない、設定方法がわからない..
B.使いこなし
C.安全性についての疑問
Z.その他

-Q&A-

A.  ルーター電源オンオフ

(電話会社から提供された)ルーターの電源を切り30分程度(できれば一晩)経ってから再度電源を入れてみて下さい。かなりの確率でVPNが復活します。

また、ルーターの電源を切る際には、Wi-Fiルーター、パソコンなどの電源も切ることをお薦めします。 この対処方法は、弊社PO3VPNに限らず、どのVPNでも有効です。

【ポイント】
ルーターの電源を切って一定時間間をあけてから電源を入れることがポイントです。最低でも15分は間をあけてください。 単なる電源リセットではあまり意味がありません。

【補足】
一般家庭でインターネットを利用する場合、利用者側のIPアドレスは一時的な番号が割り当てられます。 そして、このIPアドレスはルーターの起動時などのタイミングで取得されます。 ルーターの電源を一定時間切っておくことで、再起動時に別なIPアドレスが取得される可能性が高まります。 中国におけるインターネットの利用規制は主にIPアドレスでチェックされているので、上記操作は多くの場合有効です。

A.  IP機器の台数確認

A-04 中国ではキャリアによって1回線に接続できるIP機器数を制限している場合があります。 すでに複数の機器をネットワークに接続している場合は、接続数を減らしてから再度お試しください。

【補足】
たとえばキャリアがIP機器の接続を3に制限していたとすると、パソコンとネットテレビを点けているだけでIP機器を2つ使っていることになります(ネットテレビもIP機器です)。このあとiPhoneをつなぐことは出来ますが、さらにiPadをつなぐことはキャリア側の制限で出来ません。 この場合、ネットテレビ用機器の電源を切ってみてiPadが繋がれば、キャリア側の制限ということが確認できます。

これ以外に、iPhone5など非力なデバイスの場合、通信状態が悪いと、他のデバイス(パソコン、iPad、iPhone8)で繋がっても繋がらない場合があります。 この場合はお手数ですが、通信条件の良い場所、通信条件の良いタイミングに 再度お試しください。

A.Firefoxの設定確認

なんらかの事情でプロキシの一部設定が抜けている場合に上記のような症状が見受けられます。
以下の設定をご確認いただき、設定に違いがあれば修正、パソコンを再起動してもう一度お試しください。

【Firefoxの設定確認】

設定→オプション→ネットワークプロキシ→接続設定

インターネット接続に使用するプロキシの設定

  • 手動でプロキシを設定する
  • HTTPプロキシ:Localhost  ポート:8080
  • 「すべてのプロトコルでプロキシを使用する」のチェックボックスにチェックをつける
    ↑特にこの設定が抜けていることが多いのでお確かめください。

A.  VPNの設定をクリア

iPhone(iPad)の全てのVPN設定を一旦削除、iPhone(iPad)再起動、VPN接続設定を新規に登録し直してください。

【ポイント】
繋がらなかった設定だけでなく、他社のVPN設定も含め全てのVPNの設定を削除してください。そして設定をすべて削除したらiPhone(iPad)を再起動してください。
再起動後、改めてVPN接続設定を登録し直してください。
なお、再設定のときに大文字と小文字、特に O(半角大文字のオー)、o(半角小文字のオー)、 0(半角ゼロ)の打ち間違い、2バイト文字の誤入力、文字列末尾へのスペースの誤混入などに気を付けてください。

【補足】
iPhone(iPad)は設定情報の入力ミスなどでVPN接続設定に一度失敗すると、その失敗が記録されてその状態を引きずってしまうことがあるようです。

A.  セッションをキープする

ブラウザの裏画面でこのサイトを起動しておいてください

PO3Desktop(PISTN)は長時間Windowsがアイドル状態になっているとサーバとのセッションを中断します。また、中断する際に再接続の有無を確認するポップアップを表示します。 このポップアップ画面で再接続を選べばPO3Desktopのセッションは再開します。 ただし間違えてポップアップ画面を消してしまった場合は、再度ポップアップ画面が表示されるまで数分かかります。
これを避けるにはブラウザ(通常Firefox)の任意の1タブで このURLを常時表示させてください。 これにより弊社サーバとのセッションを維持し続けます。機能的には単純に1分間に1回、弊社サーバに接続するだけのhtmlです。

【補足】
PO3Desktopは金盾(Great Firewall)でも極めて検出しにくい通信方式とっていますが、本方法を使い続けた場合『異常に長時間海外と通信している接続』という括りで フィルターされるリスクはあります。特に必要性のない場合は本方法はお使いにならないことをお勧めします。

A.  例外設定する

アンチウイルスソフトのウイルス検知レベルを強度にした場合、PO3Desktopを構成するプログラム「plink.exe」「P3DonFF.exe」「po3net.exe」などが隔離されることがあります。
しかしこれはウイルス検知レベルを強度にしたことによる誤検知です。心配な場合は隔離された当該ファイルを個別にウイルスチェックしてください。問題ないはずです。
復旧方法はアンチウイルスソフトによりますが、基本的には隔離ファイルを例外として許容し、インストール時のフォルダーに戻し、Windowsを再起動すればOKです。

A.  ovpnはテキストファイル

jp001.ovpnjp002.ovpnus001.ovpnはOpenVPN接続をご利用いただく際に必要となる設定ファイルです。 OpenVPNをご利用される方がこれらのファイルの内容を見る必要はありません。定義ファイルとして利用するだけです。
心配な場合はファイル自体はテキストファイルですので、メモ帳などで開けば見ることはできます。 内容はOpenVPNでPO3VPNに接続する際に必要となる情報です。

A.  SSL証明を開いて正当性を確認できます

当社はGMO Internet GroupのGlobalSing社からSSLサーバ証明を受けています。安心してご利用ください。
ご心配の場合は、無料お申込み画面下部の『グローバルサイン認証サイト』のマークをクリックして証明内容をご確認ください。
サイトシールは無断使用ができないのでクリックして正規の証明が表示されればSSLサイトとして認証されている(=安全)ということになります。

SSL Error image1
エラー内容→例外を追加をクリックしてください
SSL Error image2
セキュリティ例外を承認してください

A.  一律的な警告です

アンチウイルスソフトは、基本的にはファイルや挙動の特徴(パターン)から不正ソフトであるかないか判定しています。 しかし昨今、パターンマッチングでは見分けられない悪質なウイルスが激増し、この手法も限界にきています。

このため最近のアンチウイルスソフトやブラウザはインターネット上で多く流通しているファイル以外は『危険かも!?』と一律的に警告するようになってきました。 このため弊社のPO3Desktopインストーラをダウンロード(インストール)しようとすると警告が発せられることがあります。

PO3 Desktopは数百万人が利用する類のソフトではないので、これらの警告が発せられることがあります。ご心配であればダウンロードしたPO3Desktopインストールファイルを個別にウイルスチェックしてみてください。ウイルス等検知されることはないはずです。

A.  一律的な警告です

アンチウイルスソフトは、基本的にはファイルや挙動の特徴(パターン)から不正ソフトであるかないか判定しています。 しかし昨今、パターンマッチングでは見分けられない悪質なウイルスが激増し、この手法も限界にきています。

このため最近のアンチウイルスソフトやブラウザはインターネット上で多く流通しているファイル以外は『危険かも!?』と一律的に警告するようになってきました。 このため弊社のPO3Desktopインストーラをダウンロード(インストール)しようとすると警告が発せられることがあります。

PO3 Desktopは数百万人が利用する類のソフトではないので、これらの警告が発せられることがあります。ご心配であればダウンロードしたPO3Desktopインストールファイルを個別にウイルスチェックしてみてください。ウイルス等検知されることはないはずです。

A.  ovpnは単なるテキストファイルです

VPNはiPhoneにもAndroidにもWindowsにもMacにも標準的に搭載されている機能です。

また、中国のアンチウイルスソフトベンダーは当局の意向を忖度して恣意的にウイルス認定しているように見受けられます。 そのため中国製アンチウイルスソフトでは、VPNに関わるファイルを「不正ソフト」として検知することがあります。 また、その他アンチウイルスソフトでも、「ネットワーク通信に変更を加える」ことについて「良いですか!?」と警告を出すことがあります

しかし弊社からお送りしている添付ファイル(.ovpn)の中身はプレーンなテキストファイルです。 ご利用をご案内しているOpenVPNも信頼のおけるオープンソースのソフトウエアです。 ご心配な場合はovpnファイルをメモ帳などで開いてご確認ください。中身は単なる設定情報です。

A.  回線状況に依存します

中国の夜間帯はVPN以前にインターネットの国外向け帯域が飽和していることが多くストリーミング系のサービスは正常に使えないことがあります。まず途切れた時にインターネットの回線速度を計測してみてください。

同じ時間帯にFirefoxで計測すればPO3Desktopの速度、IEやChromeで計測すれば回線自体の速度が図れます。 計測サイトは下記サイトが比較的ポピュラーです。

BNRスピードテスト(PC)

BNRスピードテスト(スマホ)

PO3Desktopをご利用環境(Firefox)で400Kbps以上の速度が安定して出ているのであれば標準解像度であれば概ねストリーミングも可能です。
400Kbpsを割り込むようであるとその時間帯のストリーミング利用は難しいと思われます。 その場合は、Youtubeの動画をダウンロードするようなサービスを回線の空いている時間帯にご利用いただくなどの方法をご検討ください。

※キャリアによっては、Wi-Fi利用であっても伝送量が一定量を超えると帯域を絞ることがある(検閲というよりサービス上限)ようです。この場合はいかなる暗号化サービスでも対処不能になります。ストリーミング系の長時間のご利用の際はご注意ください。

A.  任意の停止はできません

PO3DesktopはOSのサービスとして起動しております(WindowsOSの機能拡張として動作しています)。 OSの仕様上、PO3Desktopを停止(切断、中断、終了)することはできません
ただし、初期設定ではPO3Desktopの影響範囲はFirefoxだけです。 ですのでPO3Desktopサービスを終了しなくとも、Firefox以外のブラウザー(例えばChromeやIEなど)を使えばPO3Desktopに影響されずにご利用いただくことができます。(こちらのQ&A『再起動するしか再接続の方法はありませんか?』もご確認ください)

応用として、PO3Desktopの設定を変更すればOS全体に適用範囲を拡大することも、Drobboxなどの特定サービスにのみ適用させることなども可能です。 適用方法の変更についてはサポートまでお問い合わせください。

A.  データサイズによります

昨今のオンラインゲームのファイルサイズは巨大化しており、ギガ単位のファイルサイズも普通にあるようです。このサイズになりますと、中国当局の妨害云々よりも、純粋に回線品質や回線速度に依存することになります。

もしダウンロードをされようとしているターゲットファイルサイズが巨大な場合は、インストール途中でタイムアウトになっている可能性が高いと思われます。

先日も最新版のファイナルファンタジー(DVD版)の件でご相談いただきましたが、初回起動時に10ギガを越えるパッチファイルのダウンロードがあることがわかりました。このサイズになりますと日本の高速回線でも半日かかります。また、VPN以前に日中間の海底ケーブルのキャパシティからいっても現実的でないサイズでもあります。

申し訳ございませんが、このような巨大ファイルのダウンロードは日本など高速回線をご利用できる環境でお願いいたします。

A.  DNSキャッシュ・ポイズニング

『中国国内でWEBを閲覧していると、意図せず「WPKG.COM」にジャンプさせられてしまう。VPNを使っても症状が変わらない』というお問い合わせをいただいております。 本件は 「DNSキャッシュ・ポイズニング」と呼ばれる現象で、中国国内の主だったDNSサーバで起きているようです。

今回の現象は、おそらくは当局の情報隔離政策によるものと思われます。
手法としては非常にポピュラーで、URLとIPアドレスを変換するDNSサーバに誤った情報を差し込むことで正常なインターネットの動作を妨害します。 キャリア側DNSの"汚染"が原因ですので、汚染されていないDNSを使うことが根本的な解決方法になります。

また、VPN経由で中国国内のDNSサーバを使わないようにしたとしても、一度でも"汚染"されたDNS参照をすると(VPNを通さずにインターネットを使うと)次回からは問題が生じます。 よって、今回の現象は中国国内であれば地域に関係なく発生します。言い換えると中国当局の影響下にあるDNSを使う限り発生する問題です。 以下は弊社サービスを使った解決方法です。2つの方法をご案内させていただきます。

PO3VPNを使っている場合(スマホ)

まず、第一に全てのブラウザのコンテンツキャッシュをクリアしてください(Cookieなどはそのままで問題ありません)。
→DNS情報は通常、パソコンにキャッシュされます。汚染されたキャッシュ情報を無くさない限り、VPNでも問題を回避することはできません。

つぎに、(念のため)DNSをGoogleのDNS(8.8.8.8 / 8.8.4.4)など中国当局の影響を受けないDNSに設定変更します
→中国当局の影響下にないDNSアドレスであればなんでもOKです。

PO3.VPN(VPNサービス)を使ってインターネットにアクセスします。
↑上記方法は、いったん汚染されたDNSキャッシュをクリアし、その後、VPN経由で汚染されていない中国国外のDNSを利用する方法です。

PO3Desktopを利用する方法(Windows)

まず、第一に全てのブラウザのコンテンツキャッシュをクリアしてください(Cookieなどはそのままで問題ありません)。

つぎに、PO3DesktopをWindowsパソコンにインストールして、以後インターネットは必ずPO3VPN配下のFirefoxを使ってください。
↑上記の方法は、VPNとはまったく違う方法ですが、Firefoxを(比喩的に言えば)中国国外にワープさせます。 汚染されたブラウザのコンテンツキャッシュを全部クリアしておけば、これにより安全にインターネットを利用できるはずです。

いずれにしても中国国内の"汚染"されたDNSサーバを使わない、汚染されてしまったデバイスのDNSキャッシュはいったん全部クリアする、このふたつが肝になります。

Answer.  

決済については、中国国外のクレジットカード、もしくはPayPal(但しMobileコースのみ対応)とさせていただいております。 銀聯カード、Alipay、wechatpayなどによる決済については、申し訳ございませんが現時点ではご利用いただくことができません。

A.  同時使用4台OK

PO3VPN Suitesプランの場合、1契約でモバイル機器用のライセンスを3つ、パソコン用のライセンスを1つご提供します。 そして、これら合計4ライセンスは同時に使うことができます。 複数台に設定できても同時に利用できない類似サービスとは違います。具体的には...

PO3VPNなら4台の機器のVPNをオンにしたままでOKです。 パソコンで調べものをしながらiPhoneのLINEの着信に応答することがフツーにできます。 そして同時に4台VPNができるのであればご家族でも使いたいはず。 PO3VPN(Suites)ならご家族でお使いいただけます。

A.  ケアレスミスでは?

サーバ名、アカウント名、パスワード、シークレットは正確に入力しましたか?

大文字と小文字、特にO(半角大文字のオー)、o(半角小文字のオー)、 0(半角ゼロ)の打ち間違い、2バイト文字の誤入力、文字列末尾へのスペースの誤混入などお確かめください。かなりの頻度でこのようなケアレスミスがございます。

Answer.

◆安定した回線で繋いでいますか?

G3,G4回線はWi-Fiより回線速度は低速で、VPNに安定して接続できないことがあります。 その場合はWi-Fi環境で再度お試しください。

◆Wi-Fiの電波強度は十分ですか?

電波の弱い場所ではVPNを安定的に接続することができない場合があります。特に初期設定の際は十分に電波強度の あるところで行ってください。設定の問題により繋がらないのか、電波状況により繋がらないのか、切り分けが簡単になります。

◆家庭用ネットワークに多数のIP利用機器を接続していませんか?

キャリアによって1回線に接続できるIP機器数を制限している場合があります。 すでに複数の機器をネットワークに接続している場合は、接続数を減らしてから再度お試しください。

◆その他

iPhone5など非力なデバイスの場合、通信状態が悪い場合、他のデバイス(パソコン、iPad,iPhone8)で繋がっても繋がらない場合があります。この場合はお手数ですが、通信条件の良い場所、通信条件の良いタイミングに 再度お試しください。

Answer.

◆ご利用のインターネット回線が混み合っていませんか?

通常、ご利用のインターネット回線は複数契約者が1本の回線をシェアしています。お住まいの状況によっては1本の回線に非常に多くの利用者が接続されている場合があります。このため平日の夜間、荒天時、(日本で)視聴率の高い番組(ワールドカップ、ゴルフのメジャーツアー決勝)が放映されている時間帯など、VPN接続以前にインターネットの接続自体が悪くなっていることがあります。その場合は日を改めて再度お試しください。

◆(当局による)回線規制が強化されていませんか?

お住まいの近くで大きな国家行事、重大な事件・事故、その他政情不安などありませんか? 日本と違い、インターネットに規制のある諸国ではネットによる情報拡散を嫌い、国内・国外回線に関わらず 回線帯域を大幅に絞ることがあるようです。 その場合は日を改めて再度お試しください。

border

お問い合わせ

about VPN

上記Q&Aでも問題が解決しない場合は下記フォームからヘルプデスク宛てにお問い合わせください。迅速に回答いたします。なお、サポートに必要な情報が不足する場合、折り返しのお尋ねなどで解決までに時間が掛かることがございます。ご利用のサービス、ご利用機器、OS、エラーメッセージなど、なるべく具体的にお知らせください。

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

ご利用のサービス

ご利用機器のOS